嫁のメシがうまいので太った

私は40代にしてお腹ぽっこりのメタボ体型から1ヶ月半で10キロダイエットに成功した男性です。

もともと結婚する前の若い頃はスラっとした細身の体形でした。

それが結婚して子供もできて40代になって気づいてみればとんでもないメタボ体型。

そこからダイエットしてまた若かりしころの体形に戻ることはできたのですが。

そもそもなぜ太ってしまったのかよく考えてみたら。

 

嫁のメシがうまいのが太った原因!

 

これなんです。

そんな考えがふと頭の中に降りてきたのでこんなツイートまでしてしまいました。

 

いつも毎日当たり前のように食事してますが、よくよく考えてみると嫁のメシがとんでもなくうまいのですよ。

メシがうまいので当然残すなんてありえない。

しかもほぼ毎回おかわりまでしてしまいます。

うますぎて食欲を抑えることができないんですよ。

見てください。

これがダイエット前の太った姿。

 

ダイエット開始前のメタボ体型

 

だらしない腹のおじさん体形です。

あなたも同じような悩みを抱えていませんか?

そして痩せてもとの細い体形に戻りたいですよね。

どうしたら痩せれるのか。

最初に言いましたが、私はそこからこのように痩せることができました。

 

1ヶ月半で10キロダイエットに成功した40代男性のビフォーアフター画像

 

そこで今日は以下の内容のお話をします。

 

この記事でわかること
  • 嫁のメシがうまいので太った
  • そこから10キロのダイエットに成功した方法

 

今日はこれらについて詳しくお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

嫁のメシがうまいのが原因で太った

嫁のメシがうまいので太った

 

冒頭でもお話ししたように私が太ったのは嫁のメシがうまいのが原因。

もちろんそれだけではなく、私自身の意志の弱さもありました。

しかし、やっぱり前提として嫁の飯がうまいことは大きいです。

そもそもマズければ太ったりしてなかったと思います。

 

結婚してから始まった

 

結婚してからそれは始まりました。

料理はすべてうちの嫁が作ってくれます。

嫁は私の好物や好みの味をすべて熟知しています。

私唐揚げが大好きなんですよ

その唐揚げも毎回同じ味ではありません。

表面がカリカリパリパリの香ばしい竜田揚げ。

生姜風味の唐揚げやガーリックの唐揚げ。

甘酢で少しピリッと辛いソースを絡ませたもの。

かと思えば玉ねぎのシャキシャキ感が絶妙なタルタルソースがかかっていたり。

カレーでも市販のルーをブレンドしたり隠し味をいろいろと変えてみたり。

とにかく毎日飽きさせない。

すみません。

私があまり料理しないもので自分の好きなものしか説明できませんが、とにかく名前も知らない実家では見たことがないような料理がいつも出てくるのです。

しかもすべて美味しい。

のろけているようで申し訳ないですが、私は今まで嫁が作った料理でマズいなんて思ったことがないです。

独身の時はそうでもありませんでしたが、私は結婚してから食べることがどんどんと好きになっていきました。

 

子供ができてからさらに

 

子供ができるとさらに私が食べる量は増えていきました。

なぜなら子供が残したものは私がすべて食べてしまうからです。

残しちゃダメだよぉせっかくママが作ってくれたんだからもったいないよぉ

なんて言いながら、ただ自分が食べたいだけです。

場合によっては、「子供ご飯残さないかな」って待っている自分がいましたから。

子供が残すとかもったいないとかはこじつけですよね。

とにかく嫁のメシがうまい。

またうちの嫁はたくさん作るんですよ。

別に私に太らすためにたくさん作ってるんじゃないですよ。

嫁にしてみれば作り置きして冷凍してまた別の日に食べる分としてたくさん作ってるみたいなんです。

それを私があまりにもうまいのでおかわりして食べてしまうんですよ。

 

40代になって仕事でのストレスから

 

それまで徐々に徐々に太ってきたのが、ついに40代のある年を迎えてから急激に太りました。

昇進やら仕事の責任が大きくなったことで日々ストレスを抱え込むことが多くなりました。

私はストレスがたまると。

食に走るんですね。

しかも家に帰るとうまい嫁のメシが待っている。

ストレスを発散するかのように食べまくってましたね。

そして気づけば若かりし頃よりも10キロ近く太ったということなんです。

 

1ヶ月半で10キロのダイエットに成功した方法

1ヶ月半で10キロダイエットに成功した方法

 

ある日私は、「このままではいけない」とダイエットをすることを決意するわけです。

ダイエットをするきっかけになったのは、かわいい愛する娘の一言からです。

これについては私のプロフィールにも書いてますのでよかったら見てください。

でそこから最終的に1ヶ月半で10キロのダイエットに成功しました。

現在はリバウンドもすることなくスリムな体形を維持しております。

そのダイエットの方法について説明します。

 

軽い糖質制限

 

ダイエットには食事制限がつきものです。

その食事制限の中でも私がやったのは「糖質制限」ダイエットです。

糖質制限といえば糖質のもととなる炭水化物を抜いてしまうこと。

しかし、私はそんなに几帳面に「これには炭水化物が含まれているから食べない」とか「カロリーがいくらまで」とかはまったく気にしませんでした。

私が、気を付けていたことはできるだけ炭水化物を避ける。

どういうことかと言うと、白いご飯やパンなどをできるだけ避けたのです。

まったく食べないのではなくできるだけ避けただけです。

あまり几帳面になりすぎると、それがちゃんとできなかったときにそこで気持ちが萎えてしまってダイエットを続けられなくなるからです。

ダイエットは続けることが重要。

それに私は嫁のうまいメシは食べたかったので、作ってくれたおかずはちゃんと食べました。

だからその日のメニューで例えばお好み焼きや焼きそば、うどんなど炭水化物がメインの料理の時は、それは普通に食べてました。

とにかく以前よりは糖質が制限できていればいいくらいの考えだったので、軽い糖質制限をしていたことになります。

糖質制限ダイエットについてはこちらの記事でも詳しく書いてますのでよかったら参考にしてみてください。

>> 40代男性が糖質制限ダイエットに成功!

 

軽い筋トレ

 

私はダイエット期間中筋トレもやっていました。

しかもこれも軽い筋トレ。

そんなガッツリやりこんではないです。

なぜかというと、これも途中でしんどくなってやめてしまわないためです。

とにかく先ほどの糖質制限と同じですが、続けないことには意味がありません。

だから私は自分ができる範囲での筋トレしかしませんでした。

なぜ筋トレを取り入れたのか説明します。

ダイエットに失敗したり、せっかくダイエットに成功したのにすぐリバウンドしてしまう原因を知ってますか?

それは食事制限のみのダイエットをしてしまうことです。

食事制限だけで痩せてしまうと、最終的に痩せにくい体になってしまいます。

その理由は、筋肉が落ちて基礎代謝が下がってしまうからです。

食事制限で痩せていくと、脂肪だけではなく筋肉も確実に落ちていきます。

そしてもう一つ。

食事制限で摂取カロリーが極端に低くなると人の体は省エネモードに傾きます。

つまり生命を維持するためにエネルギー消費を抑えるためです。

これらの原因が重なり、食事制限だけでダイエットするとどんどん痩せにくい体になっていくのです。

頑張って痩せれたとしてもすぐにリバウンドしてしまいます。

そのために私は筋肉を維持して基礎代謝を下げないために筋トレを取り入れたのです。

その方が食べたいものも食べれます。

 

ダイエットを楽しむ工夫

 

ダイエットは継続することが大切です。

しかし、そのダイエットが我慢や苦痛の連続だと人間どうしてもそこから逃げたくなります。

それを避けるために私はダイエットを楽しむ工夫をしました。

それは、毎日鏡の前の自分の姿を写真に撮ってその写真をこのブログにアップすることでした。

はじめはそうでもなかったのですが、だんだんとそれが楽しくなってきたのです。

この1ヶ月半ブログで楽しんできた様子はこちらを参考にしてみてください。

1ヶ月半の45日分のブログです。

毎日毎日楽しんでいる様子がわかると思います。

>> 1ヶ月半で10キロ減量に成功!その経過を記録した日記

 

嫁のメシがうまくても痩せれる

嫁のメシがうまくても痩せれる

 

いかがでしたか?

確かに嫁のメシがうまいと太ってしまう確率は上がるのは間違いないです。

しかしそうなったとしても、リバウンドせずにダイエットすることは可能です。

実際に私がそうして痩せました。

あなたも今日から嫁のうまいメシを食べながらダイエットにチャレンジしましょう。

 

スポンサーリンク
ランキング応援よろしくお願いします!

1日1回お腹の「◎」をポンッ!
とクリックしていただけると本当にはげみになります!
<m(__)m>

いしよわおを応援お願いします!
にほんブログ村 ダイエットブログへ

 

またこのブログが読みたくなったら、

「ダイエット いしよわお」
または
「筋トレ いしよわお」

で検索してみてください!

おすすめの記事