本気で痩せたい40代が63キロ以下までダイエットした方法

 

本気で痩せたい人
いい加減もう本気で痩せたい!
40代でも無理なく簡単に痩せれるダイエット方法を知りたいなぁ…
できれば標準体重まで痩せたいんだけど

 

今日はこんな悩みにお答えします。

私は1ヶ月半で10キロのダイエットに成功することができた40代の男性です。

実はその私も40代半ばにして「本気で痩せたい!できれば63キロ以下に!」と強く思う出来事がありました。

そしてそれから1ヶ月半で、見事10キロのダイエットに成功しました。

しかも私の標準体重である63キロをさらに下回る60キロまで痩せることができたのです。

こちらがその時のツイートです。

ツイッターとブログに、毎日ダイエットの経過報告をアップしていました。

 

1ヶ月半で10キロダイエットに成功したグラフ

 

そしてこちらがその1ヶ月半記録していた体重変化のグラフです。

10キロ減っていることがわかります。

 

糖質制限ダイエットに成功した40代男性のビフォーアフター画像

 

そしてこちらがビフォーアフター画像です。

左が本気で痩せたいと思っていたダイエットを開始する前の私の画像で、右が1ヶ月半後に63キロ以下まで痩せることができた私の画像です。

 

しかしこの10キロのダイエットに成功するまでの私は、これまで何度も何度もダイエットに失敗してきました。

 

意志弱男
私はこのブログを「意志弱男(いしよわお)」という名前で運営しています

 

以前の私はこの名前のとおり、とにかく意志の弱い男でした。

食事制限ではガマンできなくなり、すぐに食べてしまうことなんてしょっちゅう。

三日坊主でダイエットをやめてしまうことがほとんどでした。

しかしそんな意志の弱い40代の私が、なぜ本気で痩せたいと決意して、たったの1ヶ月半で63キロ以下の10キロダイエットに成功することができたのか!?

その方法について、この1ヶ月半のダイエットを振り返りながらこの記事でご紹介したいと思います。

先に結論から言いますと、私がやったダイエット法成功に必要な考えは以下のとおりです。

 

ダイエット成功に必要なこと
  • ダイエットを決意するきっかけや出来事は強烈なほどよい
  • ストレスが少ない食べれる糖質制限ダイエット
  • 自宅でもできる簡単な筋トレ
  • 停滞期に美味しいファスティング(プチ断食)
  • 同じく停滞期に爆食いチートデイ
  • ダイエットを継続させるための楽しむマインド

 

これらについて、この記事ではやり方や注意点を詳しく説明していきます。

この記事が、以前の私と同じように「本気で痩せたい」とお困りの方の参考になればなと思います。

この記事の最初では、私が40代にして太ってしまった理由と、過去に失敗してきたダイエット法についてお話しています。

今後ダイエットに失敗しないためにも読んでもらいたい内容ですが、早く1ヶ月半で63キロ以下の10キロ減に成功したダイエット法を知りたい方は、目次でそこまで読み飛ばしてもらっても大丈夫です。

スポンサーリンク

40代でメタボ体型になった理由

40代でメタボ体型になった理由

 

もともと若いころの私は太ってはいませんでした。

どちらかといえば細身の体形で、スーツもそれなりに着こなせるようなシュッとした感じの男性でした。

そんな私も結婚をして家庭を持ち、30代で父親になることもできました。

そして30代後半までは、私の標準体重である63キロ前後をキープしておりました。

しかし40代に入ってから・・・

世間では40代といえば仕事でもいろいろ責任が大きくなってくる世代です。

その職責とともにストレスを感じることが多くなってくる世代。

そんな私も例外ではなく、昇進とともに職責がついてまわるようになってきました。

 

意志弱男
そんな大した役職でもないのですが
中間管理的なあれです

 

当然、若いころとはまた種類の違ったストレスを感じるようになってきました。

その頃からです。

徐々に体形を維持できなくなり、だらしない体へと変化し始めたのは。

若いころはスポーツなど体を動かしたりする遊びは好きでしたが、仕事も忙しくなり、なかなかストレスを発散する時間もなくなりました。

おかげで体を動かしたりする機会がめっきり減ってしまいました

若い頃にと比べても代謝が落ちているのを実感しました

そしてその頃から、ストレス発散といえばお酒と食べることになっていました。

そのせいもあり、40代半ばから急激に太りだしたのです。

 

意志弱男
ストレス太りというやつですね

 

 

40代でメタボ体型になった理由
  • 若い頃に比べて運動する機会が減り代謝が低下してきた
  • 食べることで仕事のストレスを発散するようになった

 

何度もダイエットに失敗してきた理由

何度もダイエット失敗した理由

 

さすがにだらしなくなったメタボ体型をなんとかしたいとは常々思ってはいました。

 

意志弱男
好きでメタボ体型になったわけではありませんから

 

何度もダイエットしようと実行に移しました。

しかしことごとく失敗!

これまでやってきたダイエットのほとんどが三日坊主で終わってしまうというお粗末なありさま。

その時のダイエット失敗の理由は今にしてわかりました。

その理由は、

 

『ストレス』

 

これです。

その頃やっていたダイエットは食事制限のみのダイエット方法。

つまり食べる量を減らしてダイエットしようと思っていました。

単純に食べ過ぎて太ってしまったのだから食べる量を減らして痩せよう。

こんな考えだったのです。

 

この方法で今からダイエットしようと思っている人がいるならば先に言っておきます。

 

これ必ず失敗します!

 

仮にダイエットできたとしても必ずリバウンドして元に戻ってしまいます。

ストレス発散で食に走って太ってしまったのですから。

ただでさえ日ごろから仕事のストレスが溜まっているところに、今度は食べれないことへのストレスが追い打ちをかけます。

より強くなったストレスのおかげで、さらに食べたいという気持ちが増幅されてしまったのです。

おかげで文字どおり三日ほどでそのストレスに耐え切れなくなり、我慢のダムが怒涛のように決壊してしまったのです。

こんな失敗を何度も繰り返していました。

 

意志弱男
だってストレスを抱えたまま仕事するのは精神衛生上よくないもの
食べたくなるでしょ

 

 

「63キロ以下まで本気で痩せたい!」と40代にして強く思った出来事

本気で痩せたい

 

そんなメタボな日々を送りながら、なぜか「まだ大丈夫」という思いがありました。

 

若いときは細身だったんだから

本気出したらまたいつか元に戻れる

仕事が落ち着いたらダイエットに再チャレンジ

それに周囲からもまだ太ったことに気づかれていない

 

こんな風に思っていたんですね。

これ今だから言えますが大間違いです。

仕事が落ち着くなんていつになるかわかりもしません。

それどころか40代なのでどんどん忙しくなっていく世代です。

下手したら落ち着くときなんか訪れないかもしれません。

現に今も仕事は忙しいままです。

そしてなにより最大の大間違いはというと、

 

周囲からまだ太ったことに気づかれていない

 

これです。

本当に幸せな人です。

なぜこんな風に思っていたのかというとですね。

まだ誰にも「太った?」と聞かれていない

これがそう思っていた理由です。

 

だってよく考えてみてください。

いや、普通よく考えなくてもわかると思います。

太っている人に対して「太りましたか?」なんて失礼なことを堂々と聞く人がいますか?

そんな人も中にはいるかもしれませんが、どちらかといえば少ないと思います。

もちろんうちの職場にはそんな人はいてませんでした。

しかし!

聞かないだけで確実に思っていたことでしょう。

 

あの人急激に太った!

 

と。

 

 

 

なのにあの頃の私は、聞かれないというだけでまだ誰にも気づかれていないという幸せな考え方をしていました。

そんな私にある日突然訪れたのです。

 

「本気で痩せたい!」

 

と思うような出来事が。

それは自宅での出来事。

ちなみに家庭でもうちの奥さんは私に「太ってる」とは言いませんでした。

が、しかし頻繁に言っていたのは、

 

最近体重計に乗ってる?

 

これはしょっちゅう言ってました。

この言葉の裏には

 

あんた太ってるよ

 

という意味が込められているはずなのに私は、

 

いや、乗ってない

 

と言葉の表面的な意味をそのまま受け取りそのまま返しておりました。

本当に本当におめでたい人でしたね、当時の私は。

そして、大好きな娘と遊んでいた時のことです。

突然娘が私を見てこう言い放ったのです。

 

パパ、ベイマックス

 

ベイマックスって知っていますか?

ほとんどの人が知っていると思いますが、あえて説明させてもらうと、ディズニーアニメ映画に出てくるキャラクターで、こんなやつです。

 

ベイマックスとかいうヤツ

 

この白いデカい方ですよ。

衝撃でした。

娘の目には私はこんな風に映っていたなんて。

子供は大人のような気づかいはできませんから正直です。

思ったことをそのまま言います。

そこで初めて気づいたのです。

周囲からもそんな風に見られていたんだと。

そして同時にこの思いがこみ上げてきました。

 

本気で痩せたい!

 

本気で標準体重の63キロまで戻してやる!

 

と。

周囲が気づいていないのではなく自分が気づいていなかった恥ずかしさと

大好きな娘にカッコいいお父さんと思われたい

という思いで、このとき本気でダイエットをすると決意したのです。

 

 

 

これが実際に10キロ減量成功へと導いたダイエット法

本気で痩せたい40代のダイエット法

 

「本気で痩せたい」から「本気で痩せる」と決意した私は、

今までと同じダイエットのやり方ではまた失敗してしまう

とわかっていたので、40代でも確実に無理なくできるダイエット法を徹底的に調べました。

その結果、私が人生最後にやることになったダイエットがこれからお話しする内容になります。

 

ストレスが少ない食べれる糖質制限ダイエット

40代の筋トレダイエット37日目の朝食

 

わたしが今回のダイエットで取り入れたのは糖質制限ダイエットです。

この糖質制限ダイエットをよく知らないで誤解されている方って結構いるのではないでしょうか。

実際に私も間違ったイメージを最初は持っていました。

糖質のもとである炭水化物を抜いてしまうダイエット法だと思っていました。

さすがに主食である白米やパンを食べれないのはキツい

これ間違っていました。

炭水化物はまったく食べれないのではなく、1日における摂取量を制限さえすれば、そのほかのたんぱく質や脂質の摂取量はそれほど気にしなくてもいいのです。

もちろんカロリーも。

1日の糖質(炭水化物)の摂取量さえまもれば、あとは何でも食べれるストレスフリーなダイエット法です。

糖質制限ダイエットの詳細はこちらの記事でも紹介しています。

 

>> 40代男性が糖質制限ダイエットに成功!ブログでビフォーアフターを紹介

 

これまで食事制限だけのダイエットで失敗してきた私にとっては、食べれないことへのストレスがないことを知ったのでまずこれを取り入れることを決めました。

実際に多くの方がダイエットに糖質制限を取り入れて成功されているようですが、私の場合は一般的に多くの方がされている糖質制限ダイエットとは少し違います。

私の糖質制限ダイエットのやり方の特徴は、あまり細かいことを気にしないでやるということです。

1日に糖質を何グラム以下にするとかまったく気にしていませんでした。

とにかくあまり神経質にはならなかったのです。

 

「今までよりはできるだけ炭水化物(糖質)を抜く」

 

くらいにしか考えていませんでした。

簡単に言えばご飯抜きの、おかずメインにした食事をしていました。

家族で同じものを食べていたので、お好み焼きや焼きそばなどがメインとなる食事の時もありました。

その時は特に気にせず食べていました。

唐揚げの場合は当然ころもに小麦粉が使われてますし、肉じゃがにはジャガイモが入っていたりします。

カレーもご飯は食べないのでルーだけ結構な量を食べたりしていました。

 

夕食カレー

 

とにかく、「以前の食事よりは炭水化物の摂取はすくなくなってるでしょ」くらいにしか考えていませんでした。

なぜこのようにしていたのかというと、あまり神経質になりすぎるとそれを守れなかったときに罪悪感を感じて、またそこでダイエットを終わってしまうかもしれないと思ったからです。

 

意志弱男
ダイエットは継続してこそ意味がある

 

 

そう、これなんです。

つまり今までのように途中でしんどくなってやめてしまわないように、自分自身にストレスがかかる方法はできるだけ避けるためだったのです。

 

自宅でもできる簡単な筋トレ

自宅で簡単筋トレ

 

糖質制限だけでもダイエット効果はあるのかもしれません。

しかし、40代の私の体にはそれだけでは不十分です。

なぜなら、若い頃と比べてあきらかに運動量も減り筋肉が落ちているため、代謝が低下しているからです。

そこで、代謝を上げるためにダイエットにプラスしたのが「筋トレ」です。

もちろん、この筋トレについても途中でやめてしまわないように、その時の自分に無理なくできるメニューにしました。

別にガッツリやりこむ必要はありません。

あくまでダイエットのための筋トレです。

ムキムキになることが目的ではないからです。

 

意志弱男
それにムキムキになるまでやるにはそうとう追い込まなければなりませんからね

 

 

筋トレについても私はストレスを感じすぎない程度に設定することに注意しました。

これも途中でやめてしまわないための工夫です。

糖質制限と同じくダイエットは継続することが大切です。

具体的には以下のようなメニュー。

 

ダイエットで取り入れた筋トレメニュー
プッシュアップ(腕立て伏せ)・シットアップ(腹筋運動)・スクワット(屈伸運動)・チンニング(懸垂)・ダンベルカール・ハンマーカール・サイドレイズ・フロントレイズ・ワンハンドローイング・ディップスなど

 

これらのメニューを日によって組み合わせを変えながらやっていました。

 

ダイエットをしたくなる楽しむマインド作り

ダイエットを楽しむ考え方

 

ダイエットに失敗ばかりしてた頃の私にとってダイエットは、

楽しくない、辛い

このイメージしかありませんでした。

そんなイメージを持ちながらダイエットにストレスを感じていては、継続できなくて当たり前です。

そこで私は、ダイエットが楽しくなるような環境やマインド作りを工夫しました。

その一つがこのブログです。

もともとブログを開設することまでは考えていたのではありませんでした。

最初は日々日記のように記録を付けていこうと思ったのです。

しかし、ただ単に記録を毎日つけていくだけでは、これまたその作業が苦痛になってやめてしまう原因になる。

 

それなら写真を撮って変化が見てわかる日々の記録を残していこう

それなら変化を見ていく楽しみが出るので苦痛にならないだろう

 

こう思ったのです。

そしてダイエット開始前に試しに鏡の前で試し撮りをしたとき、さらにこう思いました。

 

このぽっこりお腹のおじさんを普通に撮っても面白くないだろ

どうせなら面白い格好をして撮ろう

 

そう思って馬のマスクを用意して被ってみて、さらに考えはエスカレートし

 

いや、この面白い姿は人に見てもらいたい!

それならじゃぁブログで記録をつけていこう!

 

それでこのブログを始めた次第です。

 

意志弱男
結果的にこれが大成功でした

 

 

毎日朝から体重測定をして、鏡の前で写真を撮ることが楽しくなってきたのです。

そしてさらにその姿をブログで公開することがさらに楽しかったのです。

これをするようになってからダイエットを苦痛と思うことはありませんでした。

それどころか

 

早く次の日になって体重測定をして写真を撮りたい!

自分の面白い姿をブログで公開したい!

 

と思うようになっていました。

人によって楽しいと思う感覚や環境はそれぞれ違うとは思います。

それでもなにか、ダイエットが楽しくなるようなマインドを作る工夫は必要だと思います。

その中で、私のようにブログで公開していくダイエット法はおすすめですので、よかったらマネしてみてください。

 

意志弱男
別に馬のマスクまでする必要はないですからね

 

 

 

開始1ヶ月弱で標準体重63キロまで減量達成

40代の筋トレダイエット26日目の初日との比較

 

これまではダイエットを始めてすぐにストレスを感じて苦痛になり三日坊主でやめてしまっていた私でした。

しかし、このダイエット法を始めてからは、ストレスをまったく感じることはありませんでした。

 

毎日毎日楽しくて仕方がない!

 

なんと開始1ヶ月弱(26日目)で標準体重である63キロに到達してしまったのです。

この時点で7キロの減量です。

 

別にそこで終わってしまってもよかったのですが、なんとすごいことに、

 

このダイエットが楽しいからやめたくない!

 

という気持ちが芽生えていたのです。

 

意志弱男
今までの私なら考えられない

 

 

どうせならもう少し体を引き締めてみたいという気持ちから、そこからさらに10キロダイエットを目指すことにしたのです。

 

 

 

体重が減らない停滞期で取り入れたおすすめのダイエット法

ダイエット停滞期を抜ける方法

 

1ヶ月半で10キロも減量できるなんてとても順調のように見えますが、ダイエット期間中にはところどころで停滞期はありました。

糖質制限ダイエットといってもある種の食事制限でもあります。

ダイエットはある程度進んでくると、同じペースでやっているはずなのになかなか体重が減らなくなることがあります。

これが停滞期。

なぜ停滞期に入るのかというと、体内に入ってくるエネルギーが少なくなるので、人の体は省エネモードに入るのです。

この働きは、人が生命を維持するための正常な働きなんです。

 

「おいおい?体に十分な栄養が入ってこないじゃないか!?エネルギーの消費を最小限まで落として生命を維持しよう!」

 

とこのように自然と体が働くわけですね。

その結果代謝機能が落ちることになり、なかなか痩せない期間が続くことになります。

私の場合、自覚した停滞期は3度ほどありました。

そのそれぞれで試したダイエット法があり、見事その方法で停滞期を脱することができました。

 

停滞期ダイエット法その1:酵素ドリンクでファスティング(プチ断食)

お嬢様酵素withベストセレクションパック購入しました

 

停滞期では何度か酵素ドリンクによるファスティングを行いました。

プチ断食というやつですね。

半日断食や置き換えダイエットなんて言われたりもします。

断食といってもまったく食べない期間が続くのではなく、「プチ」とつくように1食抜いたりするダイエット法です。

私の場合は完全に1食抜くのではなく、その代わりに酵素ドリンクを飲んでいました。

 

お嬢様酵素Jewel炭酸割り

 

つまり置き換えダイエットですね。

ファスティングは一定期間だけ胃腸などの消化機能を休息させる事により、脂肪を燃焼させデトックスもできるという優れものです。

固形物を摂取しないで、水やお茶、酵素ドリンクなどを取り入れることで消化機能を高めることができます。

 

意志弱男
個人差はあるかもしれませんが、私の場合はファスティング直後にかなりお通じがよくなりました

 

 

また消化機能が改善されるだけではなく、美肌効果にも期待できるので女性の方には特におすすめです。

実際に使っていた酵素ドリンクのレビューはこちらを参考にしてみてください。

 

>> お嬢様酵素Jewelジュエルでダイエット!断食なしでもやばい効果!

 

 

停滞期ダイエット法その2:ひたすら爆食いするチートデイ

チートデイってなに?

 

そしてもう一つ取り入れたのがチートデイです。

チートデイとは、簡単に言えば食事制限など気にせずなんでも食べてしまう爆食いの日のことです。

チートとはもともと、「だます」とか「ズルをする」といった意味があります。

省エネモードになって停滞期に入っている体を爆食いで一時的にダマしてしまうのです。

そうすることによって、体は再び代謝機能を取り戻すことになります。

また食べれることによりストレスを軽減させてダイエットのモチベーションを上げる効果もあるんですよ。

私の場合は先ほどのファスティング前の食事でチートをしました。

例えば、その日の夕方に酵素ドリンクなどでファスティングをするのならば、お昼に何も気にせず爆食いするといった感じです。

チートデイについてはこちらの記事でも詳しく説明していますので、よかったら参考にしてみてください。

 

>> チートデイ、ダイエット停滞期での3つの注意点とは!

 

1ヶ月半で10キロダイエットに成功してからの生活

筋トレダイエットで腹筋も割れました

 

10キロダイエットに成功したその後ですが、結果から言うと、リバウンドもせず体形を維持しています。

よく極端に食べない食事制限だけでダイエットに成功した場合、ダイエットをやめたとたんリバウンドをしてしまう方が多いです。

結果的にこれはダイエット失敗といえるでしょう。

しかし、私がやってきた糖質制限での食事制限は、もとからそれほどストレスがなかったので、ダイエットが終わったからと言って食べ過ぎることはありませんでした。

むしろダイエット期間中ほど神経質にはなっていませんが、糖質制限を意識した食事が続いています。

また筋トレを取り入れたダイエットだったので、ダイエット前に比べて筋肉もついて代謝も上がりました。

 

意志弱男
少々食べたところでも太らない体になったんですね

 

 

食事制限だけでのダイエットではこうはいきません。

筋肉をつけることは大切だと実感しました。

ダイエットで健康的な体を手に入れることができましたが、実際にはそれ以上の成果があったと日々感じます。

仕事など物事に対して自信が持てるようになりました。

それに周囲からの対応が変わったのもリアルに感じるようになりました。

そのおかげで日々仕事などで感じていたストレスがあまり感じられなくなりました。

何より一番うれしいのは、大好きな娘にカッコいいと思ってもらえることです。

口には出しませんが、娘の態度でそれがとてもわかります。

40代でこんなにダイエットができるなんて本当に素晴らしいことだと思います。

周囲の自分と同じ40代の人と比べても、若々しさには自信があります。

男が10kg痩せたら変わることがこんなにもあるのかと実感しました。

 

 

本気で痩せたい40代がやってきたダイエット法まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

本気で痩せたい40代の私が、実際に1ヶ月半で10キロの減量に成功したダイエット法は。

標準体重の63キロまで楽に到達することができました。

お話しさせてもらった内容をまとめると以下のような感じ。

 

本気で痩せたい40代がやってきたダイエット法まとめ
  • ダイエットを決意するきっかけや出来事は強烈なほどよい
  • ストレスが少ない食べれる糖質制限ダイエット
  • 自宅でもできる簡単な筋トレ
  • 停滞期に酵素ドリンクでファスティング(プチ断食)
  • 同じく停滞期に爆食いチートデイ
  • ダイエットを継続させるための楽しむマインド

 

ダイエット法もさることながら、この記事の中で私が個人的に一番お伝えしたかったのは、ダイエットにストレスを感じないで楽しむことです。

ダイエット失敗の多くの原因はやはりストレスを感じてやめてしまうこと。

物事のすべてに言えることかもしれませんが、特にダイエットは継続することが重要です。

ストレスを感じないで自分のペースで楽しんでやること。

 

仕事が忙しくなり代謝が落ちてきた40代にはダイエットなんてとても無理!

 

なんて思われがちですが、実際に40代の私でも、こうして成功することができました。

この記事を参考に、あなたもこれからダイエットにチャレンジしてみてください。

 

スポンサーリンク
ランキング応援よろしくお願いします!

1日1回お腹の「◎」をポンッ!
とクリックしていただけると本当にはげみになります!
<m(__)m>

いしよわおを応援お願いします!
にほんブログ村 ダイエットブログへ

 

またこのブログが読みたくなったら、

「ダイエット いしよわお」
または
「筋トレ いしよわお」

で検索してみてください!

おすすめの記事